狙い

生産現場の責任者とはどのような役割期待か、啓発する。

  • 生産現場の責任者としての役割期待を、会社のミッションから紐づけ認識させる。
  • 目の前の生産だけではなく、メンバーとチーム全体のスキルアップに取り組む。

 

生産現場の責任者として、リーダーシップ、マネジメントの本質を考える機会とする。

  • お仕着せの知識でなく、現場での実戦を通して真に求められる役割と行動を体験から学ぶ。
  • 多様な価値観、背景を持つメンバーを束ね、率いるためのマネジメント手法を手に入れる。

 

現場を牽引する自覚を再認識し、生産性の向上に向け、緊張感を持って仕事に臨めるようにする。

  • 現場での実践の中での成功や失敗の経験を共有し、リーダーの自覚を引き出す

 

研修サービスの基本的な考え方

知識やスキルをインプットするだけでは成果は望めない

insert_gen1

  • そもそもの会社のミッションやビジョン、事業計画を踏まえ、その会社、現場に求められる固有の知識やスキルを精選することが大前提である。
  • そのうえで、関係者を巻き込み、現場での継続的な実践とチームでの切磋琢磨がなければ成果には結びつかない。

insert_gen2

 

現場マネジメント研修 ~基本構造

立体的な支援構造

  • リーダーだけではなく、グループ長を研修に巻き込むことで、より良い実践環境を作り、効果的に研修を進めることができる。
  • グループ長との関係性を強化する。
  • グループ長のマネジメント力や支援力も高める。
  • リーダー、グループ長の関係をメールコーチが支援、促進する。
  • 工場長はメールにより毎日の状況を把握する。

insert_gen3

  • 研修で得た知識とスキルを3ヶ月間実践する。
  • マネジメントの知識でなく、実践力が手に入る。
  • 毎日の日記メールがリアルタイムでの情報共有を生み、メンバー同士の学び合いが生まれる。
  • メールコーチの働きかけにより、実践からの学びが促進される。

insert_gen4

  狙い 内容



・セルフマネジメントのノウハウを知る
・部下を知る
・課題図書
・メンバーリソースシート



・事業計画から各職位の役割をと当事者意識を引き出す
・チームの悦びを体感し、共有とサポートを分かち合う
・リーダーシップマネジメントの本質を深め整理し、
 具体的な行動を考える
・チャレンジ(挑戦)促すモチベーションを創り出す
・事業計画と日常のつながり
・マネジャー4つの役割
・コーチングマネジメント
・チームコミュニケーションスキル
・行動計画(習慣行動)



・リーダーとしての効果的なマネジメントを実践する
・毎日、自分自身のPDCAを実践する
・相互に高めあう関係を作る
・あらゆることから学び、行動するプロセスを訓練する
・自分自身の役割を改めて考える
・行動の実践
・日記(PDCA)
・ベストリーダーの選出
・コーチからの質問対応
・会社のミッションを家族に熱く語る





・実戦を通しての自分自身の変化や成長を確認する
・同時に、他のメンバーの認識を共有する
・上司のフィードバックにより、
 信頼関係と相互理解を強化する
・今後に向けての課題と行動を明らかにする
・成果の振り返りと確認
・相互フィードバックと共有
・今後に向けての課題と行動計画



・実戦を通しての自分自身の変化や
 成長を文字化することで、改めて確認する
・同時に、他のメンバーの認識を共有する
・A4用紙4枚程度のレポート提出
・(質問への回答型)