確実な定着は、目指してこそ実現する

確実な定着を本当に目指していますか?
定着された状態。それは、取り組み始めたころの違和感を超え、取り組み自体がスタンダードとなることです。
チーム、組織全体が、それ以前の状態を「異常な状態」と認識し、意識、行動の両面で容易に実践、継続てきている状態です。

そのような状態を具体的にイメージできますか?
insert_compass10年前に、今の世の中をイメージできなかったように
多くの人や組織は自分たちに対する変革イメージを持てず、自ら限界を設定しています。
これが変革への第三の障害「セルフイメージの壁」です。
その枠組みから抜け出すことは容易ではありません。
行き当たりばったりの取り組みでは実現されません。
「確実な定着は、目指すからこそ実現する」のです。
私どもは、未来からの使者のごとく、共に、ありたい状態を実現するパートナーとして支援する準備があります。
定着した未来と堂々巡りの未来、あなたが必要としているのはどちらですか。